mac動画ダウンロードソフト比較

MacX YouTube Downloaderの特徴や使い方

公式サイトはこちら  MacX YouTube Downloader

 

 

ダウンロードソフトは外出時でもお気に入りの動画をいつでも見れるようにしてくれる、便利なツールです。その中でもMacX YouTube Downloaderは動画ダウンロードソフトランキングでも常に上位に位置している人気のダウンロードソフトです。詳細についてご紹介しましょう。

 

 

 

開発元

 

Digiarty社という企業が開発元のようです。このDigiarty社は多数のソフトを販売しています。公式サイトを見るとほとんどがリッピングソフトか動画変換ソフトになっています。

 

 

価格は?

 

MacX YouTube Downloader無料版と有料版が用意されています。

 

  • MacX YouTube Downloader:0円 ※ダウンロード機能のみ ※MacOSのみ
  • プレミアムPro版:5900円
  • オールインワンセット:13400円

 

 

 

動画のダウンロード方法

 

MacX YouTube Downloaderで動画をダウンロードする手順をご紹介します。

 

まず取得したい動画のURLをコピーしてください。

 

MacX YouTube Downloaderを起動し、メイン画面の上部にアイコンが並んでいますが、その中の「リンク先」アイコンをクリックします。

 

するとURL枠のあるミニウインドウが開くので、ペーストボタンを押すとURLが貼り付けられます。あとは分析ボタンを押して解析させてください。

 

動画の情報が読み込まれると、解像度やコーデック、動画形式がズラッと表示されます。落とす動画によってはあまり選択がない場合もあります。この中から希望の解像度と動画形式などを選択し、下部の実行をクリックするとダウンロードが行われます。

 

動画によっては希望の形式でない場合もあるので、予め動画形式を決めておく設定をご紹介しましょう。

 

 

 

 

動画形式を決めておく

 

メイン画面の上部にあるアイコンで、設定アイコンを押してください。すると動画形式を選択できるようになります。

 

動画形式はMP4、WebM、3GP、FLVから選択ができます。同じ設定画面で解像度も指定しておくことができるので合わせて指定しておきましょう。

 

これで今後同じ形式でダウンロードが行われます。

 

 

 

機能と特徴

 

MacX YouTube Downloaderは多くの機能と特徴があります。

 

 

高速ダウンロード

 

高速ダウンロード対応なのでサクサク動画を落とせます。これは2時間など長時間の動画データを落とす時に大幅なメリットになります。

 

動画形式変換

 

AVI、MP4、WMVなど様々に変換できます。

 

動画編集機能

 

スライドショーを作成したりできます。

 

ソフトが軽い

 

MacX YouTube Downloaderはソフトが軽く動作が快適なことも特徴です。動画のダウンロード中に通常通りパソコン操作をすることができます。

 

インターフェイスがシンプル

 

アイコンがシンプルに並んだインターフェイスなので使いやすくなっています。基本はこのアイコンから操作をスタートさせます。ダウンロードの際の動画形式も自動に出るので別途動画変換ボタンを押したりする必要はありません。

 

多くの動画サイトに対応

 

MacX YouTube DownloaderはYouTube、Dailymotion、ニコニコ動画、FC2、Youkuなど人気サイトをカバーし、マイナーなサイトもたくさんダウンロードできます。

 

 

デメリット

 

MacX YouTube Downloaderは良いダウンロードソフトですが、シェアウェアになります。しかも安いソフトではないので、それなら他の有料ソフトも検討していいかもしれません。その場合はMXONE2をおすすめします。

 

MacX YouTube Downloaderにはない録画キャプチャーがついているのでうまくダウンロードできなければ自動で録画保存を行います。デジタル録画なのでパソコンは通常にネットをしたり使えます。

 

高機能ダウンロードソフトならMXONE2を選びましょう。

 

 

 

 

>>他のMac向け動画ダウンロードソフトはこちらから