mac動画ダウンロードソフト比較

Video DownloadHelper

公式サイトはこちら  FireFox版

 

公式サイトはこちら  Chrome版

 

 

 

 

無料で使えるVideo DownloadHelper

Video DownloadHelperは英語圏の人たちにも定番化しているダウンロードソフトです。無料で使えて機能も充実しています。その特長をまとめてみました。

 

 

Video DownloadHelperとは?

 

落とせないサイトがない

 

Video DownloadHelperは落とせないサイトがないと言われるくらいいろんな動画サイトに適応しています。海外の知られていない動画サイトでも問題なく落とせる便利なソフトです。たまには知らない海外を回ってみる楽しさがあります。YouTubeには出ていない、いい動画が転がってるかもしれないですからね。

 

 

アドオンツールなので手軽

 

Video DownloadHelperはFirefoxのアドオンとして機能します。パソコンにインストールする手間はありません。アドオン追加でブラウザに入れておくだけで準備OKなのです。パソコンにインストールするフリーソフトは悪意あるプログラムが入ることもあるので抵抗がある人も多いでしょう。アドオンを追加するだけなら安心です。しかもFirefoxのアドオンはFirefoxが厳しく管理しているので100%安全なのです。

 

 

日本語不可なのは残念

 

Video DownloadHelperが惜しいところは日本語に対応していないことです。一般使用者から日本語ファイルが提供されていましたが、Firefoxの厳しい審査に落ちてしまいました。ネットではかなり複雑な裏技で日本語ファイルを入れる方法が出ていますが、そのサイトも削除されたりしているので上手くいかなくなったのでしょう。英語のままで使用するのが無難ですが、すべて英語だと設定を使いこなせないのでやはり残念です。一応ダウンロード操作はシンプルなので、初心者でもできると思います。エンコードと動画キャプチャに関しては設定画面がややこしいので英語がわからないと使いこなせないでしょう。

 

 

ダウンロード操作は簡単

 

Video DownloadHelperのダウンロード操作は簡単です。いろいろ使ってみてこれが一番のメリットでしょう。動画サイトで動画を再生したら、Video DownloadHelperアドオンが反応して動画を検出してくれます。あとはダウンロードリストから落とすだけです。同じウインドウ内で処理が完結するのはわかりやすいですね。

 

 

エンコードの仕方

 

エンコードをするには、少し手間がいります。コンバータソフトをインストールしてください。それができればダウンロードしながらの変換やパソコンに入っている動画を変換できます。

 

 

その他の機能

 

録画キャプチャもできる

録画キャプチャ機能もあります。コンバータソフトを入れることでデスクトップキャプチャもできるようになります。ただ、画面を録画するといっても著作権保護のかかった動画は録画できません。ダウンロードユーザにはメリットはないでしょう。

 

 

機能面の評価

ダウンロードソフトの機能面としては、最低限を押さえた印象です。ただ英語表示になるので英語が訳せないと設定画面をつかいこなせない欠点はあります。単にダウンロードしてエンコードするだけのソフトとして使えばいいでしょう。高速ダウンロードや、課金動画などはパソコンに落とせないので、このあたりの楽しみ方はMXONEにはかないません。

 

 

動作の安定性

このVideo DownloadHelperの欠点として、不安定さがあります。Firefoxのアドオンとして動作しているので、Firefoxの大幅なアップデートがあればアドオンが正常に動かなくなることがあるのです。しばらくすれば改善してくれますが、アップデートが頻繁に実施されるFirefoxでは心もとないですね。

 

 

感想

 

フリーウェアで多くの動画サイトに対応しており、初心者が手軽に始めることができるダウンロードソフトです。操作は単純ながら全て英語なのでわからないことも出てくるので不便はあるでしょう。設定に入って自分なりにカスタマイズ、というのは難しいと思います。単にダウンロードだけとエンコードだけのツール、と言う感想を持ちました。日本語でダウンロードが安定して行えるソフトならDLX2を使いましょう。有料配信動画でも保存できますよ。

 

 

 

 

 

>>他のMac向け動画ダウンロードソフトはこちらから